排便とは?

排便とは、直腸に溜まった便が直腸周辺にある神経を圧迫することによって脳からの指令を受けて排泄することを意味します。
人間が生きるために摂取した食べ物が、細かく消化された後に小腸の酵素により分解されます。
分解された食べ物が、大腸に送られることで食べ物の中にある水分と栄養素が血管に吸収されて残りかすが便となります。
ただ便の中には食べ物の残りかすという意味合いだけでなく、それと同時に体の中に溜まっていた老廃物も一緒に押し出す役目を持っているため、排便は健康にとって大事な生理現象なのです。
しかしまれに便が出ないときもありますが、それが1日程度であれば、問題ありませんが、3日から1週間以上続く場合、大腸が弱っている可能性があります。
排便が滞ると大腸と直腸の中に便が残ることになりますので、それが原因で腸の調子が崩れれば身体の調子を崩す要因になってしまいます。
そこで大腸や直腸の働きを改善させるために、運動や野菜中心の食生活など、心掛け排泄を促すことが賢明です。
排便とは体内の解毒作用を持つ大事な生理現象ではありますが、ただその機能は常に高いレベルで維持していなければなりません。

101

排便は夜と朝どちらがいい?

便秘は人にとって非常に辛いものだと言えるでしょう。
食べたものがどんどん腸に堆積していき、圧迫感に苛まれます。
また次第にお腹が張って腹痛を感じるようになります。
また不快感を解消しようと思って無理に排便をしようとすると肛門への負荷かがかかり、肛門付近が非常に痛くなってしまいます。
最悪の場合肛門が裂け、痔ろうになる場合もあります。
大事なことは、何よりも排便リズムを構築することと言えるでしょう。
それには生活習慣の見直しと改善が必要です。
決まった時間に食事を摂取する規則正しい生活習慣が大事です。
また食事メニューも野菜やヨーグルトなど腸内環境を善玉菌で満たし、正常な腸の蠕動運動が活発になるように努めなければいけません。
排便は朝と夜どちらがいいかと困惑する人もいます。
決まった時間に毎日排便があるのであれば夜でも朝でも構いません。
しかし夜に豊富に乳酸菌や食物繊維を摂取し、翌朝決まった時間に排便があったほうが、一日を快適に過ごせるでしょう。
スムーズな便の排出の為には朝起きてすぐ、コップ一杯の水を飲むことも良いでしょう。
腸が刺激されて便意を感じやすくなります。
また運動も腸の刺激に一役買ってくれます。

102

排便には食事時間も重要?

現代の日本人の食生活は非常に劣悪になっていると言わざるを得ません。
それは食生活が野菜中心ではなく、肉類を中心とした欧米型になっているからです。
また仕事で多忙であったり、子育てや飲み会などで食事の時間も非常に不規則な人が増えています。
こうした食生活を背景に、排便が困難になっている人が非常に多くなっています。
排便が3日ほどない場合は便秘症と言って良いでしょう。
口臭が出たり、ガスでお腹に重みを感じたり、腹痛を感じる人も多い傾向にあります。
こうした状況から脱するためには、食事や食事の時間にも気を配る必要があります。
とにかく食生活を欧米型ではなく、野菜豊富な一汁三菜メニューにすることが大事です。
食物繊維を豊富に摂取すれば腸の正常な活動が見られるようになって、排便もスムーズになります。
また食事時間も規則正しくすることが大事です。
決まった時間に食事をすれば毎日決まった時間に便意をもよおすようになってきます。
また排便時にも無理に力まず、深呼吸して自然な感覚で排便することも大切です。
無理に力んでしまうと痔ろうになってしまう可能性が高くなります。
痔ろうになると便を出すときに苦しく、余計に便意を無視して我慢し、便秘が促進してしまいます。

103

運動は必要?

近年、日本人は便秘症に悩む人が非常に多くなっています。
50年前の日本ではこうした便秘症に悩む人はわずかでした。
それは食生活に変化が見られるためです。
昔の日本では食物繊維や乳酸菌を多く含む一汁三菜の食事でした。
そのため、常に腸内環境が善玉菌で満たされていたので腸の正常な活動が見られました。
近年は、脂質過多であり、肉類中心の食生活にシフトしていることで、腸内が悪玉菌で満たされており腸があまり働かなくなっています。
そのため便秘を解消し、排便を長時間トイレで試みる人も多い傾向にあります。
しかし、対策を講じずに、トイレで力むだけでは何の意味もありません。
むしろ痔ろうになる可能性もあり危険です。
排便にはまず、腸を刺激することが大事です。
それには運動も効果的です。
毎朝ウォーキングしたり、ランニングと言った運動をすると振動で腸に刺激を与えます。
刺激が伝わると腸の運動が見られるようになります。
しかし刺激があるだけでは排便にはつながりません。
運動と同時に水分を沢山摂取して便を柔らかくすると、排便がスムーズになり、痔ろうなどの心配もありません。
また、食物繊維や乳酸菌の食品類なども積極的に食べると良いでしょう。

104

おすすめのウェブサイトについて

排便については、ずっと悩み続けている人もいます。
そういう場合には、こちらで説明している情報だけではもの足りないこともあると思います。
実は、便秘が慢性化していて、どうにかして健康的な排便をしたいと、本気で悩まれている方は多いんです。
その代表としては、ダイエットなどに夢中になっている人などがいます。
ダイエットの場合には、体脂肪を落とすためにかなりの努力をしますが、その行為自体が排便に悪影響を及ぼす場合が多いんです。
体脂肪を落とすためには、食事メニューや運動などを取り入れることが効果的です。それ以外にも、サプリメントや飲み物を変えるのもポイントですが、それらが排便に影響を与えるんです。
ここにおすすめのウェブサイトを1つ載せておきます。
体脂肪を落とす食事メニューや運動や筋トレなどの情報を載せているウェブサイトです。
排便とダイエット、体脂肪、運動や筋トレなどに関わる情報がいろいろ載っています。

おすすめのウェブサイト「体脂肪を落とす食事メニュー|運動や筋トレの方法などを公開